竹富聖花は須賀健太とキスをしていた!要潤と似ている?

みなさんこんにちわ木暮です。

今回は期待の新人女優の

竹富聖花さんについて書いていこうと思います!

o035004501345022427203

なんと映画暗殺教室に出演されるようですね。

今回はそれについては書きませんけどね。

 

今回は竹富聖花さんの

キスについて書いていこうと思います!

なんと俳優の須賀健太さんと

キスをシテイタらしいですね。

こちら詳しく書いていきますね。

 

もう一つは

要潤さんに似ている?

という話を聞きました。

本当なのか画像を比べて調べていきたいと思います!

スポンサードリンク


竹富聖花さんが須賀健太さんとキス?

1122099_650

やっぱりお忍びでキスをしたんですか?

 

と私は思いたかったのですが

どう考えてもビジネスキスですよね!

おそらく閲覧している方もわかっていると思いますが。

 

まぁそんなことよりもその作品が

何か気になるので探してきますね。

 

竹富聖花主演のホラー映画「生贄のジレンマ

ていう作品みたいですね。

なにか動画がないか調べてきますね。

そしたらいっぱい出てきました!

 

とその前に作品の説明を簡単に。

 

 

「電撃小説大賞」受賞作家・土­橋真二郎さんによる作品です。

〈上〉〈中〉〈下〉の3部作で構成されています。

下のリンクは小説版です。

生贄のジレンマ〈上〉 (メディアワークス文庫)

生贄のジレンマ〈中〉 (メディアワークス文庫)

生贄のジレンマ〈下〉 (メディアワークス文庫)

 

・あらすじ

高校­の卒業式の朝。教室に集まった篠原(須賀健太)たちは、テレビモニタに映ったウサギの­人形<T・EM>から「今から1時間後に皆さんは全員死にます」というメッセージを受­け取る。いつの間にか校庭には5メートル四方の穴が掘られていて、誰かを生贄として穴­に捧げれば残る生徒は助かるという。篠原に思いを寄せる理香(竹富聖花)や親友の氷山­(木ノ本嶺浩)ら生徒全員は、この笑えないジョークに戸惑う。しかし、1時間後…­。

続いて映画の予告編がありましたので紹介しますね。

動画下のリンクはDVDになります。

こちら<上>になります。

生贄のジレンマ (上) [DVD]

 

続いて<中>です。

生贄のジレンマ (中) [DVD]

 

最後に<下>です。

生贄のジレンマ (下) [DVD]

 

もしDVDを安く購入したい方は

中古品ですがこちらから安く買うことができます。

新規購入だと1枚3000円ですが

こちらですと3枚全部で1500円ほどです。

生贄のジレンマ [レンタル落ち] 全3巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]

 

はいはい紹介が終わりましたので

キスシーンを探してみましょうか!

G20130814006416830_view

はいこちらですね。

うらやましいですね。

須賀健太さんがずるいです!

というと気持ち悪がられるのでやめておきます(笑)

 

この画像ではわからないですが

かなり熱いキスシーンのようですね。

せっかくだから見てみたいです。

スポンサードリンク


要潤と似ている?

他にも調べてみると

要潤さんと似ている?

という話を聞きました。

 

私は最初

「え?男とあんなの子が似てるわけないないでしょ!

またまた御冗談を~」

てな感じでしたね。

 

確認もしないで否定するわけにもいかないので

比べてみることにしましょう!

 

yjimagetaketomi1

いや全く分からないですね。

どこが似てるんですかね?

 

と思って調べてみると理由が分かりましたので紹介します。

 

どうやら桐谷美玲さんと似てるんじゃね?

と最初はなったようですね。

mirei

あ~なるほど

なんとなく似ている気もする

と私は思ったのですが

なんか違うと思った方がいるらしく

 

(桐谷美玲+要潤)/2=竹富聖花

 

といったようです。

 

なぜ要潤さんなのかは謎です。

まとめ

竹富聖花さんが須賀健太さんとキスした作品を紹介しました。

なぜ要潤さんが登場するのは謎ですけど

人の見方はそれぞれなのでそういうう意見もあるのだな

と思いました。

 

以上で終わります。

閲覧ありがとうございました!

オススメの記事

【舞台】おそ松さんのキャスト特集!

松岡茉優のモー娘。への挑戦に感動!

今、話題の女優&E-girlsの「石井杏奈」が気になる!

著名人によるカップ焼きそばの作り方が笑える!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA